体温が低い状態が続くと血行が悪くなる

葉酸を摂取する妊婦の方へ、少し気を付けていただきたいことがあります。

葉酸を出来るだけ、普段の食生活で補おうと、葉酸の含有量の多いほうれん草、貝類、レバーなどの代表的な葉酸食品を、意識的に摂っている人がいらっしゃると思います。

実は、葉酸というものは水溶性で熱に弱く、熱を加えてしまいますと大事な葉酸が失われてしまうこともあるんです。

一日の葉酸の摂取量を、食材から計算したとしても、足りないという事もあるので、注意が必要です。

皆さんは普段サプリを利用していますか?サプリは不足しやすい栄養素を手軽に補給できるという利点があります。

妊活中の方をサポートし、体調を整えることを目的としたサプリは、多くの種類がありますが、やはり、葉酸を含んだサプリは欠かせません。

ビタミンの一種である葉酸には、赤血球を造ってくれる効果がある為、貧血を予防することが出来ます。

それに、正常な細胞分裂を促すことで、赤ちゃんが先天的な異常を発症するリスクを下げることが出来ます。

他には、精子の染色体異常を軽減し、健全な精子を増やしてくれることが分かっています。

ですので、夫婦どちらに対しても多くの効果が見込めるサプリだという事です。

冷え性は不妊を招くと言われています。

体温が低い状態が続くと血行が悪くなり、摂取した栄養がうまく活用できなくなって、排卵障害が起きたり、子宮機能が落ち、妊娠しにくい状態になります。

最近、冷え性の緩和にお灸が脚光を浴びています。

血行を良くして、自然な代謝を促進し、体全体をリラックスさせる効果があります。

冷えた体は芯から温めてバランスを整えることが必要なのです。

不妊体質を改善するために、食生活から改めるのも一つの手かもしれません。

精子や卵子は、パパ・ママの栄養をベースにして作られるのですから、乱れた食習慣を続けていては活発な卵子・精子は望むほうが無理なのではないでしょうか。

妊娠を望むなら、まずは体作りです。

バランス良く健康的な食習慣を心がけ、ストレスをあまりためないようにしましょう。

友達と話していたら、葉酸のサプリの話題が上ったのですが、一番良いのはどこだろうという話になって、その友達はベルタが販売している葉酸サプリが気になっているようでした。

私は、葉酸は妊娠前からサプリを摂っておいた方が良いと雑誌で読んだことがあったので、その友達に教えてあげました。

妊活を頑張っている友達には、絶対幸せになってほしいと思うので、元気で健康的な赤ちゃんを授かってほしいと思う今日このごろです。

なかなか妊娠できないという人は、まず、自分の基礎体温を知ることから対策しましょう。

基礎体温表をつけていくとその変化で、女性の体の状態がある程度推測でき、不妊治療の大事なきっかけになるのです。

基礎体温計は小数点以下2ケタまで測れます。

毎日、起床時に体温を測るというお約束がありますから、習慣的に続けていくことが大事です。

最初の1か月は慣れるつもりで始めてみましょう。

「葉酸」はビタミンの一種ですから、ビタミンを多く含んだ食べ物には「葉酸」も多く含まれています。

フルーツで言うと、イチゴやライチに含有量が多いと有名です。

その他の果物にも、葉酸が多く含有しているものがあります。

アセロラやキウイフルーツ、意外なところでは柿にも葉酸は多く含まれています。

元来ビタミンの豊富な、かんきつ類もその代表でしょう。

葉酸摂取の手間を出来るだけ省きたいとお考えの方は、オレンジジュースで補うのも良いですね。

赤ちゃんを授かったという事で病院が行う栄養指導や、地域主体の母親学級などで、専門家の指導を受けた方も多いでしょう。

こうした機会に、葉酸が持つ働きと、葉酸を多く含んだ食品を学んだ方も多いと思います。

一般的に、葉酸を多く含む代表的な食べ物としては、レバーを挙げることが出来ます。

ほうれん草などの野菜にも、多くの葉酸が含まれています。

普段の食事にこうした食材を取り入れて、葉酸を摂取しようと考えている方は、熱によって失われやすいというリスクを理解し、十分な葉酸摂取を心がけてください。

妊娠初期(妊娠前1ヶ月~妊娠3ヶ月ごろ)の妊婦さんにとって、積極的な葉酸の摂取が求められています。

胎内の赤ちゃんがより健やかに成長するようにも、例えばサプリメントなどを活用しながら葉酸の摂取を怠らないようにしましょう。

さて、厚生労働省による理想的な一日の摂取量ですが、一日当たり0.4mgと発表されています。

野菜だけで補おうとするとあまり現実的ではありません。

ですから足りない部分はサプリで補うのが効果的な摂取方法だと言えます。

大きくなってきたお腹を見ると、最近まで不妊治療に通っていたのが嘘のようです。

疑いはじめたのは結婚3周年を迎える前でした。

タイミングを見計らって努力しても、授かることができず、同年代のご夫婦が子供を連れてる姿を見るたびに、やりきれない気分でした。

検査は夫婦二人とも受けましたが、原因は私の方にありました。

排卵誘発剤の処方を受けると、基礎体温表をつけていたのもあり、比較的早く赤ちゃんを授かることができました。

原因がわからないときは早めに受診したほうがいいということでしょう。